宇都宮大学高大連携オフィス主催
本プログラムはJSPS科研費24HT0035の助成を受け実施するものです

  • 日時 8月2日(金)10:00-16:30、9日(金) 9:30〜16:30 *2日間の連続講座です
  • 場所 宇都宮大学 農学部(峰キャンパス) 1号館
  • 募集人数 40人 *定員をオーバーした場合は3年生に優先して受講していただきます
  • 対象 高校3年生を主な対象としますが、1,2年生も受講できます
  • 申込み方法 下の「申込みフォーム」からお申込みください
  • 応募期間 7月1日 (月) 〜 7月21日 (日)
  • どんな講座? 皆さんの足元に広がる「土」。「土」も人間と同じように「呼吸」しているのをご存知でしょうか? 土の「呼吸」は土壌中に住んでいるたくさんの微生物たちが有機物を分解することによ って生じます。本講座では皆さんと一緒に、目には見えない土壌微生物たちの活動を化学的な 手法で可視化し、環境条件の違いが微生物活動に及ぼす影響について調べます。また、講義や実験に加えグループディスカッションや発表までをセットにした講座です。
タイムテーブル

1日目

10:00-10:15 講義
10:15-12:35 実験(土を秤量し培養セットを作成)
 〜お昼休み〜
13:35-16:30 実験(0日目の無機態窒素の抽出)*待機時間を利用してのラボツアーもあります

2日目

9:30-10:35 講義
10:35-12:00 実験(1週間培養した土壌の有機炭素無機化量の定量と計算・無機態窒素の抽出と比色法による定量)
 〜お昼休み〜
13:00-14:30 実験結果の解析・グループディスカッション 
14:30-16:30 発表・フィードバック

担当教員からのメッセージ

宇都宮大学農学部 生物資源科学科
早川智恵

 この講座は、2日間の連続講座です。皆さん自身の手で土の培養から分析・データ解析まで行うことで、目に見えない微生物の活動を体感してもらいたいと考えています。
 また、最後に2日間の体験を振り返って、1分間のプレゼンを作り、発表までを行います。「土」を通して、高校化学の知識の応用が、農業技術の開発研究につながることを実感してもらえると嬉しいです!

写真は、土壌調査しているとことです

申込み方法

講座についての連絡は、高大連携オフィスの公式LINEを使用します。「LINEの友だち追加」→「応募フォーム」の順でお申込みください。既に高大連携オフィスの公式LINEを友だち追加されている方は、そのまま応募フォームからお申込みください。

トーク画面に「土も呼吸する申込み・名前〇〇〇・〇〇高校」と入れてください。

応募期間
令和6年7月1日(月)〜7月21日(日)

  • 日時 8月3日 (日) 9:00〜16:00 
  • 場所 宇都宮大学 農学部(峰キャンパス)
  • 募集人数 20人
  • 対象 高校1年生〜3年生
  • 申込み締切 2024年7月26日
  • どんな講座? 本プログラムでは皆さんに、立体的な化合物の有機合成にチャレンジしてもらいます。次に、合成した化合物を使って、日焼けなどの原因になる酵素の阻害実験を行ってもらいます。さらに、分子模型などを組み立てながら、その立体構造と効き目の関係について、一緒に考えてみましょう。

宇都宮大学高大連携オフィス主催
本プログラムはJSPS科研費24HT0037の助成を受け実施するものです

  • 日時 10月27日 (日) 9:30〜16:00 
  • 場所 宇都宮大学 農学部(峰キャンパス)
  • 募集人数 15人
  • 対象 高校1年生〜3年生
  • 申込み方法 下の「申込みフォーム」からお申込みください
  • 応募期間 9月中旬以降の予定です
  • どんな講座? 普段見ることのできない植物の根の標本作成と観察を行います。土壌環境に応じて変化する根の観察を通して、根の重要性についての理解を深めます。この講座を通じて、肥料などの資源の現状と根の役割に興味を持ってもらえると嬉しいです。
申込み方法

講座についての連絡は、高大連携オフィスの公式LINEを使用します。「LINEの友だち追加」→「応募フォーム」の順でお申込みください。既に高大連携オフィスの公式LINEを友だち追加されている方は、そのまま応募フォームからお申込みください。

トーク画面に「根の標本申込み・名前〇〇〇・〇〇高校」と入れてください。

応募期間
令和6年9月中旬予定です

宇都宮大学高大連携オフィス主催
本プログラムはJSPS科研費24HT0033の助成を受け実施するものです

  • 日時 2月24日 (月) 9:30〜17:00
  • 場所 宇都宮大学 農学部(峰キャンパス)
  • 募集人数 40人
  • 対象 高校1、2年生を主な対象としますが、3年生も受講できます
  • 申込み方法 下の「申込みフォーム」からお申込みください
  • 応募期間 12月以降の予定です
  • どんな講座? コロナウイルスの検出に活躍したPCR法は、特定のDNAを増幅できる技術です。あなたもPCR法による遺伝子鑑定に挑戦してみませんか?本講座では、メダカのDNA鑑定と受精卵の観察を行います。受講生1人に1個体のメダカが渡され、DNA抽出→PCR→電気泳動によるDNAバンドの検出を行います。さらに講義による解説や先端バイオ研究施設の見学も行います。
申込み方法

講座についての連絡は、高大連携オフィスの公式LINEを使用します。「LINEの友だち追加」→「応募フォーム」の順でお申込みください。既に高大連携オフィスの公式LINEを友だち追加されている方は、そのまま応募フォームからお申込みください。

トーク画面に「メダカ申込み・名前〇〇〇・〇〇高校」と入れてください。

応募期間
令和6年12月以降の予定です